トップページ > ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

審美性・機能性・安全性を持ち合わせた新素材デンチャー
審美的要素を重視される患者様のニーズにお応えするため、4タイプの新素材デンチャーをご紹介します。

バルプラスト

バルプラストデンチャーの3大特徴

材質:ナイロン樹脂(スーパーポリアミド樹脂)

1.ノンメタルクラスプゆえの高い審美性
  • パーシャルデンチャーでもメタルクラスプを必要としない為、高い審美性を実現し、金属アレルギーの心配もありません。
2.薄さを実現する強度・弾性
  • 他の義歯の床用材料と比較して弾性・強度に優れており、軽く薄くすることが可能です。
3.世界で認められた有用性・安全性
  • バルプラストの成分「スーパーポリアミド」はFDA(米国食品医療薬品局)及びEU諸国で許可され、有用性と安全性が確認されています。

金属床との応用
仕様表

↑ PAGE TOP

バイオ・トーン

バイオ・トーンデンチャーの特徴

材質:ナイロン樹脂(ポリアミド樹脂)

  • ポリアミド樹脂特有の”高い柔軟性”と”硬さ”を兼ね備え、破折率0.1%と高い臨床実績を持つノンクラスプ義歯用ポリアミド系樹脂です。
  • 弊社リライニング・プレ・プライマーを使用することでリライニング材及び即時重合の接着が可能です。
  • 弊社スーパープライマーを使用することで再射出成形によるアーム部分の再成形や床延長が可能です。
  • 適度な耐液性で劣化も少なく、適度な硬さにより義歯が傷つきにくく汚れにくい。
  • 残留モノマー「ゼロ」のため、生体安全性が高い。

金属床との応用
仕様表

↑ PAGE TOP

バイオ・フルデンチャー

バイオ・フルデンチャーの特徴

材質:ナイロン樹脂(ポリアミド樹脂)

  • 薄くて・軽くて・割れにくい(ポリアミド樹脂)の総入れ歯です。
  • 弊社リライニング・プレ・プライマーを使用することでリライニング材及び即時重合の接着が可能です。
  • 強い耐液性で劣化が少ない。
  • 適度な硬さにより義歯が傷つきにくく汚れにくい。
  • 残留モノマー「ゼロ」のため、生体安全性が高い。

↑ PAGE TOP

シリコンデンチャー

シリコンデンチャーの特徴

材質:アクリル系樹脂(熱可塑性アクリルレジン)

  • ノンクラスプデンチャー用熱可塑性アクリルレジンに弊社オリジナルでシリコンをアンダーカット部に付与し、ノンクラスプ特有の痛さを和らげるデンチャーです。
  • アクリル系樹脂のため、即重修理、リベースが対応可能です。
  • 従来のノンクラスプ用樹脂に比べ、研磨が非常に簡単です。
  • 残留モノマーが極めて少なく、生体安全性が高い。
  • 破折にも強い。

金属床との応用
仕様表

↑ PAGE TOP

エステショット

エステショットデンチャーの3大特徴

材質:ポリエステル樹脂(熱可塑性レジン)

1.審美性を損ないにくい低吸水性
  • 変色や臭いの原因となる吸水性が低いので長期間美しさが維持でき、また適度な粘り強さがあるので、メタルクラスプを使わずに義歯の制作も可能です。
2.リライニングや補修が可能
  • 常温重合型レジンとの接着性が良好でチェアサイドでのリライニングや補修が可能です。
3.生体に優しく、残留モノマー・溶出物を低減
  • 残留モノマーや溶出物が限りなくゼロに近い素材なので、安心して患者様に進めることができます。

金属床との応用
仕様表

↑ PAGE TOP

金属床との応用

金属床と組み合わせることにより、下顎舌側部や口蓋部の義歯床をより薄く処理することになり、より快適な装着感が得られます。
また、金属床との一体のレストを付与することで、義歯の沈下防止にも役立ちます。

金属レスト付与の設計はすべてのデンチャーでの制作で可能です。

↑ PAGE TOP

仕様表

バルプラスト バイオ・トーン シリコンデンチャー エステショット
リベース 重 合 ×××
リライニング ×
増 歯 重 合 ×××
即 重 ×
破折修理 不可可能可能不可
破折の可能性 ほぼ無しほぼ無し有り有り
床のうすさ
床の弾力
アンダーカットのない歯牙 ×
チェアサイドでの研磨作業等
審美性
フィンガー部が見える

透明感がある

フィンガーが無い

フィンガー部が見える
患者様の装置感
痛みに敏感な難症例

↑ PAGE TOP

歯科クリニックの事業承継をお考えなら|株式会社ハーベスト
Produced by Asmo
管理室